So-net無料ブログ作成
コーヒーのこと ブログトップ
前の10件 | -

限定インド [コーヒーのこと]

「それぞれの神様展 6」がはじまっています。
それに伴い、コーヒーも限定メニューが登場しました。

ふくよかで 深いコク インド です。

目をつぶって味わってみると、灯りがちょっとおちるような
なんだか高級なお酒でも飲んでいるかのような、そんな気分にさせられつつ
土っぽさのなかに 上品な香りがふくまれる、そんな ふくよかさ、深いコクを感じます。


そうそう、先日はじめてインドの古典音楽のコンサートに行ってきました。
その時にきいたインド音楽の歴史などの説明や、音から感じるものを思い出すような味です。

じゅっぷんにコーヒーを飲みに来てくださるお安藤さんと原口さんのコンサート。
実は、1月に名古屋で行われるコンサートのときにコーヒー出店させていただくことになりました。

   webA4_2013HoeruSitar_omote.jpg

1月19日(土) 18:30~ 本覚寺さんにて 

開場は16:30、開演までたっぷり時間があるので、もしゆっくり出来る方はぜひ。
1曲が30分~1時間くらいかけて演奏されるのがインドの古典音楽のコンサートだそうです。

先日は会場の都合で1時間で3曲という強行?演奏だったのですが
ピアノの原型と言われているサントゥールは、弦打楽器?と聞いただけでも珍しい感じがしますが、99本の弦をバチみたいなので弾いて音を出す不思議な楽器。
そのサントゥールのメロディに打楽器タブラが追いかけっこみたく入ります。
太鼓みたいだけど水みたいな音。

そのふたつの音がとてもキレイで、それこそ ふくよかな音で。
音の粒が流れ出て 弾け飛ぶような・・・・みえない光に包まれているような・・・
からだも心もほぐれる気持ちいい時間でした。

今回は、ふたつの楽器のほかにシタールというギターの原型みたいな?楽器の演奏もあります。


料金は、前売り:2,500円  当日:3,000円
じゅっぷんでも前売りチケット販売しています。

出店は他に、モノコトさん、トライバルアーツさん、島風食堂さんです。
たのしい夜になりそうです。

じゅっぷんは、その頃には今の店を閉店していますので、今の予定だと
この日が1月でコーヒーをお出しできるのが最後になります。

よかったらお越しください◎

**本覚寺さんの場所**
名古屋市東区徳川2-16-16
国道19号沿い 隣に木曽路有り、名鉄瀬戸線森下駅下車徒歩3分
※森下駅=栄より乗換6分,大曽根より乗換2分



さてさて神様展での限定メニューのインド。
あまり、たくさんは無いので 気になる方はお早めにお試しください◎
(その日のうちで、売切れてしまうこともあります。ご了承ください。)



限定2種、終了しました [コーヒーのこと]

     IMG_2069.JPG


先日お知らせした、冷たいコーヒー専用の
ニカラグア と エクアドル ですが

大好評のすえ、終了しました。


しばらくは、温かいのも 冷たいのも おいしい
コロンビアエチオピアモカ・インドネシア バリ の3種類が並びます。


あ、それと
夏のかくれ人気メニューの コーヒーセーキも はじまっています。

1日5食限定の おまけメニューです。
よかったらどうぞ◎


まるいあじ [コーヒーのこと]

最近、あたらしい豆が 仲間入りしました。

インドネシア バリ島 のコーヒー豆。
アジアのコーヒー独特の
麦っぽいような 酸味のない 苦味と甘みのバランスがとれた 飲みやすい味です。

味覚のバランス的に まるい感じ。
それから、“スルリ”と 通り抜けるような まるい感じ。

いろんな意味で 「円い味」。


なかなか オススメです◎


冷たいコーヒーに中南米◎ [コーヒーのこと]

      ニカエク.jpg

最近、冷たいコーヒーがおいしい気候です。
ここのところ、じゅっぷんでは 厳選したコロンビアエチオピアモカのみをご用意していましたが
期間限定の、新しい豆が入りました◎

ちょっとクセがあり 刺激的な ニカラグア(中米)
砂糖がよく合う 苦香ばしい エクアドル(南米)


2日くらい、試飲をしていましたが
深煎りと浅煎りだと、なんだか色々と出てくる味の要素が違っておもしろかったです。
結果、冷たいコーヒーに合う焙煎度合いで決まりました!


きっと 長くは出せないので、気になる方はお早めに~◎





ティモール お休みです [コーヒーのこと]

残念な お知らせです。


“大地の力強さと やさしさ”が売りの ティモール
マスターが必要とする豆が しばらく手に入らないので、お休みします。

先日は

「カンタ!ティモールのコーヒー 売ってますか?」
買いに来られた方もあったくらい(ちなみに、豆の販売はしていません・・・ごめんなさい)
いま 人気の ティモールコーヒー。


残念ですが、
大地からの おくりもの。
次の入荷まで あせらず 楽しみに待ちましょう。

ということで
今週末あたりから、今までに店に並んでいなかった産地のコーヒーが登場する予定です◎
よろしくおねがいします。



コーヒーの量 [コーヒーのこと]

   120610_1140~02.jpg   

先日、ある人からアドバイスをいただき
じゅっぷんの コーヒーの量を わかりやすく 描いてみました。

温かいコーヒーも 冷たいコーヒーも ふつうの量は だいたい200ccです。
同じく、たっぷりサイズは だいたい300ccです。


今までは、カップの実寸大をお見せして説明していましたが
上の写真の絵を、メニューのそばに貼ってみました。


ちなみに、温かいコーヒーで考えると
ふつうの量が 200cc で 500円、すなわち2杯飲むとすると 400cc で1,000円ですね。
それが、たっぷりサイズだと 300cc で 600円。

よく考えると、お得です◎
(単純計算したら、本当は300ccだと750円します)


じゅっぷんのコーヒーを たくさん飲みたいという方には オススメですね♪
よろしくおねがいします◎


たっぷり、値上げします [コーヒーのこと]

   IMG_3548.JPG

大変 勝手ながら、6月1日より コーヒーの たっぷりサイズ を 値上げします。


「たっぷりって?」 という方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

珈琲じゅっぷんのメニューは

1.温かいコーヒー
2.温かいコーヒー たっぷり
3.冷たいコーヒー
4.冷たいコーヒー たっぷり

の 4つです。
すべて、その日の豆から お好きな豆をえらんでいただけるように なっています。

基本のコーヒーの量は、200cc 位です。
(挽いた豆に250ccの湯を入れるのですが、水分が豆にすわれて だいたい200cc位になります)

アイスコーヒーも、だいたい同じ感じです。
(アイスも同様、挽いた豆に湯を少なめで濃いめに出します。
 沢山の氷で冷やし、溶けた分が水分なので飲む方のペースによって量や濃さが変わってきます)


そして たっぷりは同様の淹れ方で、300cc 位です。

   
   IMG_1979.JPG

カップでみると、こんな感じの違いです。
たっぷり は 本当に たっぷり です。

今までは、プラス50円で たっぷりにできていたのですが
マスターの 手しごと を もっと きちんと 評価してみようと 改めて考え直しました。
悩みまくった結果、プラス100円に変更します

なので
1.温かいコーヒー 500円
2.温かいコーヒー たっぷり 600円
3.冷たいコーヒー 550円
4.冷たいコーヒー たっぷり 650円

となります。

今まで お手軽に たっぷり を お楽しみいただいていたお客さまには
本当に 勝手な こんな途中からの変更で、ご迷惑をおかけして 申し訳ありません。


マスターの 手煎り コーヒー
1回の焙煎で ふつうの量だと4杯分、たっぷりだと3杯分。

これからも かわらず毎日、丁寧に 愛情たっぷり 手で豆を選別して
マスターの手と目と感覚で プレスで淹れておいしい珈琲豆を 焼いてゆきます。


ご理解していただけると ありがたいです。

どうぞ よろしくおねがいします。



ティモール、新しくなって復活です [コーヒーのこと]

  IMG_2572.JPG

先日、お休みをお知らせしたじゅっぷんでのコーヒー豆アジア代表、“東ティモール”ですが
今回は上映会を5月に控えた東ティモールの映画『カンタ!ティモール』に向けて気合いを入れて
今までの豆よりもちょっとイイものを仕入れてみました(ちがう農園のもので少し高いものです)。


今までは、アジアの豆の特徴的な野性味に加えて後味のナッツのような香ばしさが特徴的でした。

今回の東ティモール(もういっその事“ティモール”と呼ぶことにします)は、「大地の力強さ と やさしさ」を感じていただけます。(あくまで感じ方は人それぞれですが)

↑味の説明になっていない、という説もありますが・・・でも、本当にそう感じるんです。(『カンタ!ティモール』を観て東ティモールを感じるうえでの主観)


ふつうのコーヒー屋さんなら、豆の原価によって、値段を変えるのが普通だと思うのですが
珈琲じゅっぷんは、おいしいコーヒーを気軽に飲んでいただきたい、という想いのもと、そして
マスターの手間暇としては同じくらい愛情をかけてつくるコーヒーということで、値段も同じです。


ぜひ、色々ためしていただきたいと思います。


********************************************

ティモールのコーヒーが復活した今日、色んな人と『カンタ!ティモール』について話をしました。
薬草labo.棘さん、natural cafe 望さん、麻芽のとみちゃん、もんぺまるけの芝ちゃん、、、そして、監督の広田奈津子さん!制作の小向サダムさん!!!
上記4店舗は5月17日(木)の上映会のチケットを取り扱っているお店です。

たまたま、今日は望のマモルさんがご来店!さらに監督さんとサダムさんがご来店!!せっかくなので皆で
一緒に麻芽に行き、あれよあれよと人が集まり・つながり・・・こんなところでもティモールの力を感じました。


なんだか、日々色んな事があるなか、こういうことはとてもうれしくて。
5月17日の上映会が楽しみで。
書きたいことが山盛りで・・・。長くなってしまうので、今日はこのへんで。


東ティモール、ちょっと休憩します [コーヒーのこと]

色々、書きたいことが溢れています・・・
が、最近のじゅっぷんのコーヒー豆事情を少しだけ。

先日まで5つのくにの1つとしてレギュラーとして活躍していた
東ティモールですが、次の仕入れまでしばし休憩です。

東ティモールの野性味あふれるあの力強くておいしいコーヒー。
わたしは焙煎してから3日目くらいの東ティモールがだいすきです。
東ティモールのやさしさが深まるいい感じの飲み頃なんです。

そんな東ティモール、またのレギュラー入りを心待ちにしています◎

しばらくは、
コーヒー発祥の地・エチオピアのモカを含む中南米を中心とした4つのくにのコーヒーをお楽しみください。


そして、東ティモールつながりの大切な話・・・
5月17日(木)は東ティモールを舞台にした大地とのつながりを描いたドキュメンタリー音楽映画『Canta! Timor (カンタ!ティモール)』の上映会が予定されています。

監督の広田奈津子さんは名古屋の方。
今回は、東ティモールから映画の中でもインタビューに答えている音楽家・エゴレモスさんが来日されます。

上映会は朝・昼・夜の3回!
以下、日程を『Canta! Timor 』スケジュールからコピーした情報です。

10:00 開場 
11:00→上映① 12:50→監督挨拶・江口晶と小向サダムミニライブ
13:30→上映② 15:30→監督トーク/エゴ・レモスコンサート
18:50→上映③ 20:50→監督挨拶/エゴ・レモス ミニライブ

会場は、栄のオアシス21の近くにある 愛知県芸術劇場 大リハーサル室。

Canta! Timor スケジュール → http://cantatimor.blog83.fc2.com/


ちゃんとしたお知らせと、なぜじゅっぷんがここまで皆さんに観ていただきたいか
改めてお伝えします。


新しい豆、入荷しています [コーヒーのこと]

今日は休みですが、ぜいたくにもマスターのおいしいコーヒーをいただいています◎
あー、しあわせ。


最近、コーヒーのことを紹介できていませんでしたが
少し前からのレギュラーメンバーをご紹介します。

以前からおなじみ

・香ばしい後味、東ティモール
・香り高きフルーティな甘み、エチオピア・モカ
・豊かなコクと香ばしさ、コスタリカ

に加えて

・魅惑の香ばしさ、メキシコ
・コクと甘み、コロンビア

と5つのくにの豆をご用意しています。

個人的には、今回のコロンビアはカトゥーラ種という品種で、とても好きです。

昨日はブログに書きそびれてしまいましたが、飲みくらべの日でした。
昼の部には、予約して参加してくださったお二人の女性が◎
ふたりでワイワイ♪こういう飲みくらべも、いいですね◎

夜は飲みくらべ常連さん。
いつも覚えてくれててありがとうございます。


産地くらべでのそれぞれの味を覚えるのは、ちょっと難しいですが
その時その時で、どれが好みかが味わっていただけたらうれしいなーと思います。

次の飲みくらべの日は30日(金)です。
昼は1:00~ 夜は8:00~ の1日2回に変更です。


よろしくおねがいします。



前の10件 | - コーヒーのこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。