So-net無料ブログ作成

宮田村の りんごジュースあります

   りんごジューース.jpg


珈琲じゅっぷんには 本来、コーヒーしかありません


最近、ご縁あり 宮田村(みやだむら)の ひおくさん家のりんごからできた
りんごジュース(ふじ 100%ストレート)を 販売しています。


いつかのブログでもお伝えしたことがあるのですが
ここ名古屋の覚王山に、宮田物産店というのがあります。

そのつながりで 宮田村出身のマスターがいる じゅっぷんでも
宮田村のものを販売しながら宮田村のことを紹介してゆきましょう、ということではじめました◎


甘くて、甘酸っぱい ひおくさん家の おいしいりんごジュース♪
1本 250ml で ストレートで濃いので かなり満足のゆく 250円です。
店内で飲みたい という場合には 450円でお出しします(氷もつけます)。


まだ、宮田村の ひおくさん家の農園の見学はできていませんが
ひおくさんにはお会いしました。
このりんごジュースのパッケージに描かれているような 可愛らしいお目目の元気な女性でした◎


これからは わたし達も宮田村のことをもっと知って いいことたくさんご紹介できるように
がんばります◎


きょうは 覚王山の夏祭り。
宮田村から、
今朝採ってきたというキュウリ・きび(トウモロコシ)・ブルーベリー・トマト・ルバーブと
南信州の地ビールを販売していました◎

ビールを味見しました!ゴールデンウェール!
やさしい黄色で、とってもフルーティーで甘いのですが、あとからちゃんとピリリときます。
おつまみいらずの おいしいビールでした!

覚王山の夏祭り、あしたも宮田物産店のブースにて 上記お求めいただけるみたいです◎
冷え冷えのビール!どうぞご賞味ください!


窓ぎわのトットちゃん

     120725_2022~01.jpg


わたしは 本をあまり読んだことがなくって
ちゃんと読み切った本も両手で数えられるくらいで・・・

この間、マスターに わたしは絶対に読んだ方がいいと勧められたのが
黒柳徹子さんの、「窓際のトットちゃん」。


ばくぜんと、黒柳徹子さんに あこがれもありながら
一度も読んだことがありませんでした。


読みはじめたばかりで、「海のものと山のもの」まで読んだところですが
とても とても たのしくて 学びのある 本ですね。


はやく続きが読みたいです。


はじめての宮田祇園祭

   DSC_0084.jpg

7月21日(土)は 自然公園の日だそうで
(syoboii* さんが毎日、このようにイラストを貼っているのをたのしみにしています♪)
南アルプスと中央アルプスに囲まれる 伊那谷(いなだに)・宮田村(みやだむら)へ行ってきました。


昨日は宮田祇園祭。マスターにとっては 地元の夏祭り。
わたしにとっては はじめての宮田でのお祭り。


   120722_0705~01.jpg

こんなふうに、まちのなかに万国旗がかざられていて ウキウキ♪
(マスターの子どものころから、変わってないそうです。ソ連の国旗がありました!)

   120721_1958~01.jpg

雨が降ったりやんだりしていたのが、夜の花火があがるときにはピタリとやんで。
マスターの実家のすぐ下の土手からあがるので、とっても大きな花火がみれました!
(写真の黒いのは、マスターの頭)

   120721_2143~02.jpg

花火の後には、神社から神輿が落とされ壊されるというので見物に。
毎年、あたらしい神輿をつくって 壊すそうです。
男の人たちの「わっしょい!」という声が ワクワクする感じでステキでした◎

中学生くらいの子たちが沢山いて、なんだか地元の祭りっていいなぁと思いました。
ダボダボの服を来ている子が「来るら」とか「ごしてー」など伊那弁を話しているのとか◎
なんだか、そういうのが たまらなくすきです。


   120721_1527~01.jpg

そして なによりのごちそうは、自家製の新鮮でおいしい野菜◎
たあし農園のトマトは最高です。枝豆もきびも本当においしかったー!



土ようびにもかかわらず 一日お休みをいただいて
本当に 満喫した里帰りでした◎
ありがとうございました。

名古屋にかえってきたら 昨日きてくださったお客さまが今日リベンジで来てくださったり・・・
ご迷惑をおかけしました。
いつもありがとうございます。


涼しくて過ごしやすいここ数日間ですが、コーヒーセーキ はじめますね。
お待ちしています◎


「おばあちゃんの布ぞうり展」 月の温にて

   おばあちゃんの布ぞうり.jpg

いつも じゅっぷんが お世話になっている 月の温 さん。
4月からはじめた 工房販売は 木・金・土ようび と 月に一回の日ようび が 開いています。

7月の工房販売の日は、あと明日あさって と 来週の木・金・土ようび です。
なんと、今月中に工房にいくと、
おいしい蒸しぱん と まるいおやつ と ステキな可愛い おばあちゃんの布ぞうり が あります◎


上の写真は、わたし達が 選ばせていただいたもの。
とっても ハイセンスな組み合わせ。
布は、すべて あったもの。

おばあちゃんのセンスと 布ぞうりの履き心地良さに
家でも ルンルンです◎

真紀さんに会いに
蒸しぱんを買いに
おばあちゃんの布ぞうりを 選びに
四日市へ。



コーヒーセーキは、梅雨があけたら! [お知らせ]

     110625_1820~01.jpg

連日、問合せが殺到している コーヒーセーキ ですが
まだ、はじまっていません。

真夏にならないと、はじまりません。

じゅっぷんのコーヒーを超濃く出して、練乳と氷とで ガー!っとミキサーでやっちゃいます。
あの、1日限定5食の ぜいたくな 冷たくて おいしすぎる コーヒーセーキ。
コーヒーが苦手な方にも 大人気の 食べるコーヒー。。。


そうですね、梅雨がちゃんとあけたら はじめようと思います。

そして 今年は去年よりも 何かがあたらしく なる 予定・・・です。


また、はじまりのとき おしらせします◎
あと もうすこし、お待ちくださいね。

**************************************
きょうの おまけ

先日、とある親切なひとから いただいた ラジオ。
マスターが たいそう興奮して たのしんでいます◎(爆笑の嵐~)
ラジオって なんかワクワクしちゃいますね♪

いつか 勝手にラジオ番組 つくってやりたいね~なんて おもっちゃいますね~


人気沸騰中 [商品]

     120706_1159~01.jpg

きょうは、だいすきな 甥っ子の たんじょうび。
ともだちの 子どもちゃんの たんじょうび。

そうしたら
偶然にも きょうがお誕生日の方 や これから誕生日会に行くという方がいらっしゃって
なんだか、うれしい が たくさんでした。


最近、仙太郎下駄を プレゼントに買われる方が増えているのですが
きょうは プレゼントで下駄をもらったという方のお友だちが わざわざ店を探して 来てくださいました。


老若男女とわず、健康志向のかたには特に 大好評の 仙太郎下駄。
2011年には、山形エクセレントデザイン賞というのを受賞された、見た目もオシャレな下駄。

山形の下駄屋3代目の職人さん・青柳さんが開発・制作されています。
仙太郎さんとは、青柳さんのおじいさんのお名前。

この下駄は ご夫婦おふたりで 手作業でつくってらっしゃって
大量生産できません。
ので、あまり お店では 販売されていません。

じゅっぷんは たまたま 青柳さんと ご縁があり、名古屋のこんな珈琲屋で
なぜか こんなにスバラシイ下駄を 扱わせていただいています。


自分たちも2足3足持っていて、夏はもちろん冬も内履きで履いています。
姿勢が正され 血行もよくなり、とっても気持ちがいいんです。


この下駄のよさは 試していただけたら わかっていただけると思います。
ぜひ、一度 お試しください◎

****************************************
仙太郎下駄工房 → http://sentarougeta.com/


21日(土)は 休みます [お知らせ]

来週の土曜日、21日お休みします。

マスターの地元・宮田村に帰ります。

珈琲じゅっぷんは お休みですが
Annon堂の syoboii*さん 世界とつながる雑貨堂 緑園さんは 営業しています。

開店から3ヶ月たったsyoboii*さんには、今日も誕生日プレゼントにと買い物をされる常連さんが♪
ステキな絵のポストカードや アイディア満載のオリジナル本など とっても楽しい空間です◎

緑園さんは ぬの市 という かなりワクワクな企画をやられるそうです◎

去年の夏に、わたしも 緑園さんの ぬの市で とってもレアでステキな布に出会いました◎
緑園さんはネット販売もされていて、ぬの市じたいは18日(水)からはじまるのですが
店頭では19日(木)から ぬの達が 並ぶそうです◎要チェックです。



土曜日にしか じゅっぷんに来られない方には ごめんなさい。

よろしくおねがいします。


********************************************

syoboii* ブログ → http://syoboii.jugem.jp/
世界とつながる雑貨堂 緑園 ブログ → http://ameblo.jp/zakkado-ryokuen/

まるいあじ [コーヒーのこと]

最近、あたらしい豆が 仲間入りしました。

インドネシア バリ島 のコーヒー豆。
アジアのコーヒー独特の
麦っぽいような 酸味のない 苦味と甘みのバランスがとれた 飲みやすい味です。

味覚のバランス的に まるい感じ。
それから、“スルリ”と 通り抜けるような まるい感じ。

いろんな意味で 「円い味」。


なかなか オススメです◎


おわり は はじまり② [企画展]

     bisco-e_NEW.jpg


なんだか ビスコさんの展示が終わって クロージングパーティーからも1週間が経ち
不思議で ふしぎな 展示中とはまた ちがった 濃い 日々を 過ごしています。

7月4日(水)は たくさんの はじめまして が ありました。

ミナミナさん の 音楽。空気。人。心とからだが うごきだす。
ビスコさんの うた。たましいに ひびく。涙があふれる。
ビスコさんの たいせつな人たち。笑顔に満ちる。

この日のために つくってくれた 「じゅっぷん と ビスコ」という、10分の映像。
その他、たくさんの サプライズの おくりもの。


ただただ うれしくて ありがたくって。
本当に、自分たちは ただ 日々 過ごしているだけなのに。
しあわせもの だと おもいます。


いろんな 人との出会い と その人たちの生き方に 励まされ
自分たちの 生き方を また改めて おもう日々。


上の写真は、
『ビスコの広がる世界展・珈琲豆』のチラシのためにビスコさんが描いてくださった絵の原画です。
いま まさに こんな感じで はじまりの場所に 立っている気がしています。


マスターと 珈琲じゅっぷん という店を はじめられたこと 本当に よかったとおもっています。

たくさんの 人たちの おかげです。

どうも ありがとうございます。


おわり は はじまり① [企画展]

   120702_1703~02.jpg


ビスコの広がる世界展・珈琲豆、13日という展示期間がおわりました。

マスターが焙煎する前の選別ではじかれた “ダメ豆”からは
ビスコさんが自分で煎って色をつけた“カラフル豆”をつかった作品や
(なかには、ひとつひとつ穴をあけてから煎ったものも!)

おいしいコーヒーを淹れた後の“出し殻”からは
コーヒー染めの手ぬぐいやガーゼのハンカチ、ヘアゴム、靴下、トートバックなどがあったり
ハマりすぎて気付かれないくらいの(?!)時計の飾りものがあったり(人気でした◎)

珈琲豆の薄皮で、焙煎するときにはがれて舞い散る“チャフ”からは
思いもよらない「チャフの花」という作品がうまれたり・・・


どの作品も、素材を作品に使えるまでの状態にするまでにまずひと手間かかり
すごい発想と工夫の数々・・・いつも、観てくださる方と、「やー本当にすごいですよね!」の連発でした。


そして本当に、 毎日「かわいい かわいい」と言ってもらって
ビスコさんのたくさんの愛情をうけた珈琲豆たちが、愛情をうけた分だけ
本当に かわいく うつくしく 誇らしく、姿を変えて、じゅっぷん店内に 居てくれた13日間。

とっても はなやかに でも とけ込んで、穏やかに 居てくれました。
だから、きょうは 展示が終わってしまって とてもさみしい気持ち。


でも、たくさんの方に観ていただいて なかには どなたかの元へ巣立つ
しあわせな 珈琲豆たち。


そう、そう想うと ビスコさんの言っていた
   
   「  喜びは 広がる
      心から 心へと
    あなたから あなたへと  」


この言葉の通りで、この展示はおわったけれど きっと はじまり。


展示最終日の クロージングパーティーも なんだか 想像以上で。
はじめから最後まで 驚きと喜びと感動の 本当にありがたい時間でした。
(また改めてご報告します。)


ひとまず、今回の展示がおわり 新しい気持ちの珈琲じゅっぷん。
これからも、よろしくおねがいします◎

心から ありがとうの気持ちをこめて。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。